2つのことを融合して新しいものを作り出す

僕は物心ついたころ、

すでに興味を抱き、没頭していたことがあります。

工夫して何かを生み出そうとすること。

子供ながらに当時は一生懸命新しいものを作り上げようとすることにひたすら熱中していたことを覚えています。

ただ、子供なだけにできもしないことを一生懸命考えたり、つもりになったりしている程度でした。

中学2年のときに、それをかたちにできるようになりました。

それは、音楽との出会いです。

バンドを始めたことをきっかけにギターを弾けるようになって間もなく作曲ができました。

できちゃいました、、

その時のなんともいえない感動、感覚は今でも忘れません。

それは、美容師になったときには、カットを研究することに繋がっていました。

しかし、自分にできないこともわかってきていました。

それは、何もないところから新しいものを生み出すこと。

これは、僕にはできないんです。

だけど自分が得意なのは、

[あるものを融合して新しいものを作り出す]

ということに気付きました。

思えば中学2年のとき、作曲ができたのもその思考でした。

なので、僕がこれからも一生才能を発揮できるとしたら、それなんです。

そんなことを考えると自然に力がわいてくる。

だから、やることが一つではダメなんです。

2つのことを融合してまるで新しいものを作ることが僕は得意なんです。

 

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA